解体修理(オーバーホール)

ピアノは長年使っていると、どうしても部品の劣化、消耗が生じてきます
しかし劣化した部品の交換や修理さえほどこせば
新品同様の状態に戻すことが出来ます。
愛着のあるピアノや形見のピアノを是非直してお使いください

チューニングピンと弦を全て外しました

ピアノを横に寝かせた状態です

横に寝かせた状態から鉄骨を外し、ニスを剥がした画像です

外した鉄骨です。実はこれだけでも軽く100キロ超えます

音響版の状態を見た後ニスを塗り直し鉄骨を乗せ、さらに弦圧を計りやっと弦が張れます

新品のハンマーですが、整音をしないと
音が硬すぎてこのままでは使えません

1回目の整音を施し、新品のハンマーをとりつけたところです

オーバーホール料金  32万円〜 

トップへ戻る

税込み (運送代は別途になります)

高音部の張弦

中音部の張弦

弦張り終了。新品の弦はすぐに音が狂う為、
ここから何度も調律をします

弦を外す前の写真

アクションを外したらダンパーが弦に
張り付いてしまっていました

弦・チューニングピン・アクションにサラダ油をかぶってしまい
調律不可能の状態になってしまったピアノです

内部アクションを分解している写真

音を止める役割のダンパーアッセンブリー。
写真の右側が古いダンパー,左が新品のダンパー

ダンパーヘッドを取り付けながら音の止まり具合を確認します

鍵盤の小口交換。左が交換している所、青いのはテープが貼ってあるからです

弱音フェルトの交換

ほぼ完了です。これから細かい調整と調律を施します

作業完了です。